都内原宿の太田記念美術館で「浮世絵猫百景」7月26日まで開催中!

都内原宿の太田記念美術館で「浮世絵猫百景」7月26日まで開催中! 今も昔も変わらず世界中で愛されている猫たち。もちろん江戸時代の日本でもペットとしてかわいがられていたそうです。残念ながら写真や映像で当時の状況をうかがい知ることはできませんが、代わりに残されているものの一つが「浮世絵」です。

 中でも江戸時代末期の浮世絵師であった歌川国芳は無類の猫好きだったそうで、数匹あるいは数十匹とも言われる猫とともに暮らし、作品の中にもしばしば猫が登場しています。そんな国芳や弟子たちの作品を中心に、猫の描かれた浮世絵を集めて展示しているのが太田記念美術館の特別展「浮世絵猫百景」。先月からスタートし、前後期で243点が展示されています。 続きを読む


猫好きならお参りに行きたい!猫神社がある鹿児島の「仙巌園」

猫好きならお参りに行きたい!猫神社がある鹿児島の「仙巌園」 クリスマスが終わるとあっという間に年の瀬、そしてお正月ですね。日本の新年といえば初詣ですが、お参りはどちらに足を運ばれますか?比較的お近くの神社に行かれる方が多いと思いますが、今回は猫好きならいつか訪れてみたい「猫神社」を紹介します。

 猫をまつった神社は全国にいくつかあるようですが、その中でも比較的知られているのが九州・鹿児島市にある庭園「仙巌園」(せんがんえん)の猫神神社。仙巌園は薩摩藩の藩主であった島津氏の19代当主・島津光久によって1658年に造園されたもので、約5ヘクタールの広い敷地面積を誇ります。 続きを読む