保護猫のいる本屋さんで初開催!男子限定のネコヨガに参加しました


 以前にもご紹介したことのある「ネコヨガ」の取り組み。保護猫カフェなどを会場に実施するユニークなヨガ教室ですが、このほど男性限定の回が初めて実施されるということでお声掛けを頂き、当編集部ヒトスタッフも取材を兼ねて参加させて頂きました。

 ネコヨガは都内を中心にさまざまな会場で定期的に実施されていますが、今回の会場は東京都世田谷区の三軒茶屋にある「Cat’s Meow Books(キャッツミャウブックス)」という猫本専門の書店さんです。こちらは保護猫の店員さんが数匹いますが猫カフェではなく、購入された本の売上の一部が保護活動団体に寄付されるという仕組みになっています。

 2017年8月8日(世界ネコの日)にオープンした同店は東急線の三軒茶屋駅から少し歩いた住宅街の中にあり、店内には名前の通り猫に関するさまざまな本がいっぱい。ドリンクを飲みながらお気に入りの本を探したり、店内でくつろぐ猫店員さんたちに癒されたりできるというスポットです。

 普段のネコヨガはやはり女性の参加者が多く、男子限定のネコヨガは今回が初の試みとのことでしたが、事前予約は満員御礼に。猫が好きでヨガにも興味があるという男性6名が参加して、日曜日のお昼前の時間に店内スペースで約1時間のヨガ教室が行われました。

 ネコヨガを主催しているのは日本ドッグヨーガ普及協会ネコ部という組織で、ネコヨガの取り組みは2014年3月から始まりました。ヨガというと「ポーズや動きが難しそう」「体が固いから自分には無理では」というイメージを抱く方も多いかもしれませんが、ネコヨガは自身の体や心と向き合い、対話し、会場にいる猫たちの力も借りて癒されながら心身を整えるというコンセプトで行われています。重視するのはポーズや動きの正しさ美しさよりも呼吸や体への意識、あるいは命や生きることへの感謝の気持ちといったもの。時には猫がマットの上にやってきて座り込んでしまったり、参加者の膝や背中の上に飛び乗ってきたりといったハプニングもありますが、そういった流れも受け入れて行うため、猫が好きな方なら初心者でも参加しやすい雰囲気と言えるでしょう。

 この日の猫店員さんたちは比較的のんびり穏やかな雰囲気でネコヨガの様子を見守ってくれていましたが、時には参加者の間を走り回ったりして賑やかになることもあるそうですよ。今日は初参加の方が多かったので、猫たちも気をつかって大人しくしてくれていたのかもしれませんね。

 ヨガタイムの終了後は店内でワンドリンクを頂きながらの交流タイムに。参加者や講師さん、そしてCat’s Meow Booksのスタッフさんも交えて猫トークや猫本トークなどに花が咲きました。猫が好きという共通点があるので、初対面同士でもすぐに打ち解けて話が盛り上がるのはご想像に難くないと思います。もちろん猫店員さんたちの様子にも癒されながら、というのは言うまでもありません。

 そしてネコヨガやCat’s Meow Booksさんに共通しているのは、保護猫たちが幸せに暮らせるように、その手助けになればというスタッフさんやオーナーさんの思いです。参加費や売上の一部が保護活動への寄付になることに加え、ヨガへの参加やお店への来店、商品の購入をきっかけに保護取り組みのことを知ったり、保護猫を家族に迎え入れることを選択肢のひとつとして考えてもらったり。そんな方が増えてほしいといった願いが背景にあるわけですね。

 定期的に行われている普段のネコヨガ教室でも男女問わず、あるいは初心者の方でも参加は歓迎とのことですが、「周りが女性ばかりだとやはり参加しづらい」というシャイな猫好き男性の方にとって、男子限定のネコヨガはきっとありがたい企画なのではないでしょうか。

 また、今回会場となったCat’s Meow Booksさんには現在およそ2000冊の猫関連書籍があるそうで、ネコヨガの貸し切り時間が終わると同時に多くのお客様が訪れていました。当編集部もまた改めてお邪魔させて頂き、ゆっくり猫本や猫店員さんたちに囲まれる時間を過ごさせて頂きたいと思います。今回は素敵な機会を頂戴しましてありがとうございました。

 ネコヨガや今回会場となったCat’s Meow Booksさんにご興味のある方は以下のリンク先で詳細をチェックしてみて下さい。

猫ヨガ部(日本ドッグヨーガ普及協会)のブログとfacebookページ
https://ameblo.jp/nyankoyoga/
https://www.facebook.com/nekoyoga/
今後の実施予定や開催の様子などが掲載されています

Cat’s Meow Booksのツイッターとfacebookページ
https://twitter.com/CatsMeowBooks
https://www.facebook.com/CatsMeowBooks/
お店の営業時間は14:00~22:00、火曜定休です(2018年2月現在)
 


今年も猫の月がやってきました


 何だか今さら感も甚だしいお正月の頃の写真ですが、実は2017年初のサイト更新です。前回が昨年11月でしたから、年末年始を挟んで3カ月も間が空いてしまいました。ツイッターfacebookページでは相変わらず毎日いろいろな情報を発信しているのですが、諸事情でなかなかサイトの方まで手が回らず…。そちらをチェックしていない読者の方々には大変申し訳ないです。

 おかげさまでアグリ編集長とモニー編集長はとても元気に頑張ってくれていますので、どうぞご安心ください。頼もしい上司に恵まれてありがたい限りです。実は前々からサイト構造や掲載するコンテンツも含め、少しスタイルを変えたいと思っているのですが、着手にはまだちょっと時間がかかりそうな気配。どうか気長にお待ち頂ければ幸いです。 続きを読む


猫編集長が雑誌「女性セブン」で取り上げられました


猫編集長が雑誌「女性セブン」で取り上げられました

 ねこ経済新聞の誇る白猫編集長姉妹、アグリさんとモニーさんがついに雑誌デビューです。本日6月30日発売の女性セブン最新号(7月14日号)の21ページをご覧ください。「はたらくどうぶつたち」のコーナーにて、丸々1ページ使ってご紹介して頂きました。 続きを読む


発売記念パネル展も実施中!フェリシモ猫部による書籍「猫が教えてくれた大切なこと」


発売記念パネル展も実施中!フェリシモ猫部による書籍「猫が教えてくれた大切なこと」 東京・八重洲ブックセンター本店で9月15日まで開催されている、書籍「猫が教えてくれた大切なこと」(あさ出版)の発売記念パネル展をのぞいてきました。同書籍はフェリシモ猫部による著書という形で出版された、猫に関する短いストーリー集となっています。 続きを読む


大家族が幸せに暮らすための工夫が満載!フォトエッセイ「へぐりさんちは猫の家」


大家族が幸せに暮らすための工夫が満載!フォトエッセイ「へぐりさんちは猫の家」 久々のニュース記事はブックレビューを。6月に出版されたフォトエッセイ「へぐりさんちは猫の家」(幻冬舎)を読ませて頂く機会がありましたので、簡単にご紹介したいと思います。

 こちらは一級建築士・一級愛玩動物飼養管理士の廣瀬慶二さんによる著書で、廣瀬さんはペット共生住宅の専門家として国内のみならず海外でも知られた方です。この本では、その廣瀬さんが手掛けた猫のための工夫が満載の家「へぐりさん」のお宅について、たくさんの写真が散りばめられつつ紹介されています。 続きを読む


東京・神保町の猫本専門書店「にゃんこ堂」ってどんなお店?


東京・神保町の猫本専門書店「にゃんこ堂」ってどんなお店? 少し前になりますが、都内の神保町にある猫本専門書店「にゃんこ堂」さんにようやく足を運ぶことができました。いろいろなサイトで取り上げられていましたので既にご存じの方も多いかと思いますが、猫好きには魅力的すぎるスポットでしたので、ねこ経でも改めて簡単にご紹介したいと思います。 続きを読む


猫本専門のネット書店「書肆 吾輩堂」がオープン!


猫本専門のネット書店「書肆 吾輩堂」がオープン! 猫の本を専門に取り扱う書店。猫好きにとっては夢のような、でも今までありそうでなかった、そんなお店がこのほどオープンしました。現在は古書を中心に取り扱い、猫本の買い取りも受け付けているというこちらのお店について、さっそく詳細をご紹介したいと思います。           続きを読む


黒猫が主人公の人気シリーズ最新刊「ルドルフとスノーホワイト」が刊行


黒猫が主人公の人気シリーズ最新刊「ルドルフとスノーホワイト」が刊行 猫好きの皆さんならば「ルドルフとイッパイアッテナ」という児童文学作品はきっとご存じかと思います。そのシリーズ4作目となる最新刊「ルドルフとスノーホワイト」(講談社)が昨年11月に刊行となりました。前作が2002年2月の刊行でしたので、実に10年ぶりの続編となります。

 当編集部もこのシリーズの大ファンで、遅ればせながら続編が出たことを最近知ってさっそく購入、一気に読んでしまいました。というわけで、今回はこちらの本について簡単に紹介したいと思います。(概要のみで展開の詳細は伏せています) 続きを読む


「あしたの猫」原発事故きっかけに美術学校生が絵本出版


「あしたの猫」原発事故きっかけに美術学校生が絵本出版 今回の記事は書籍紹介。このほど出版されたばかりの絵本「あしたの猫」(オフィスエム)を読ませて頂きました。

 こちらを描かれたのは、現在は東京都内の美術学校に通っている遠藤綾乙さん、16歳。昨年3月の東日本大震災による福島の原発事故をうけて自分ができることを考え続け、「やっぱり絵を描くことしかできない。ならば多くの人が考えるきっかけになれば」と絵本の制作を決意。約10カ月かけて今年の8月に完成しました。 続きを読む