2014年版・猫的流行語大賞を考えよう!

2014年版・猫的流行語大賞を考えよう! 12月に入り、今年もいよいよあと1カ月ですね。何かと慌ただしい季節ですが、同時にこの1年を振り返る時期でもあります。そんな中、今年もユーキャンにより「新語・流行語大賞」が発表され、「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」の2語が年間大賞に。著名人の言葉やドラマの台詞、政策用語、大流行した物の名前など、例年さまざまなジャンルから選出が行われていますね。

 ちなみに昨年は過去最多となる「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4語が選ばれましたが、それに便乗してツイッターやfacebookで読者の皆さんに呼びかけを行い、こんな記事を公開しました。

猫的流行語大賞を考えよう!(2013年版)
http://nekokeizai.com/news/n077/

 パロディや流行り?の猫関連ワードなどが集まってなかなか面白かったので、今年も募集を実施。昨年よりもやや難易度が高かったのかノミネートは少なめでしたが、当編集部が考えたものも含めていくつかをご紹介したいと思います。 続きを読む


皆さんはどんな「ねこ夢」を見ますか?

皆さんはどんな「ねこ夢」を見ますか? 今年もゴールデンウィークの時期がやってきました。最も長い方は11連休くらいでしょうか?さらに猫たちにとっては1年中ゴールデンウィークみたいなもの?全くうらやましい限りです。連休中どこかに出かける予定のある方もいれば、家で猫たちと一緒にゆっくりする方もいることでしょう。春のポカポカ陽気は外出もお昼寝にももってこいですね。

 ところでお昼寝に限ったことではありませんが、猫好きの皆さんなら眠っている間に猫に関する夢を見る方も多いのではないかと思います。かくいう当編集部の人間もつい先日、気が付けばなぜか足の踏み場もないほど猫がたくさんいる空間に自分が立っていて嬉しいやら困ったやら、というねこ夢を見ました。日々猫情報を集めて発信しているという立場上もあるのかもしれませんが、夢の中における彼らの登場頻度は非常に高いのです。

 そこで皆さんにちょっと聞いてみたくなったのが、猫に関する夢のエピソード。面白くてユニークな夢、ちょっぴり切なかったり懐かしかったりする夢。いろいろあるのではないかと思い、久々にツイッターやfacebookを使って募集をしてみました。集まった声の中から、いくつかをご紹介したいと思います。(趣旨の変わらない程度で一部編集・省略させて頂いたものもありますのでご了承ください) 続きを読む


猫的流行語大賞を考えよう!

猫的流行語大賞を考えよう! 12月になり、年の瀬が近づいてきました。この時期の風物詩のひとつが、ユーキャンにより毎年発表される「新語流行語大賞」ですね。著名人の言葉やドラマの台詞、政策用語、その年に大流行した物の名前など、さまざまなジャンルから選出が行われています。

 今年は過去最多の4語が大賞に選ばれたのはご存じの通りですが、タイミングを同じくしてツイッターのフォロワーさんからねこ経済新聞編集部にこんなメッセージが届きました。

「流行語大賞が発表されましたが、ねこ経済新聞的流行語大賞とかあるんでしょうか?」 続きを読む


猫?ねこ?それともにゃんこ、あるいはおぬこ様?

猫?ねこ?それともにゃんこ、あるいはおぬこ様? 立場上、当編集部は実に多くの猫に関する文章や記事を目にしますし、実際に書いたりもしています。そこでふと気になったのが、「猫」についての表記、あるいは呼び方。単純に「猫」「ねこ」「ネコ」と漢字・ひらがな・カタカナの3パターンがありますし、それ以外にも「にゃんこ」「ニャーニャー」「ぬこ」などなど、さまざまな俗称がありますね。さらに、後ろにつける言葉も「ちゃん」「さん」「くん」「さま」などがあり、これらを組み合わせると、本当に数えきれないくらいのバリエーションがあります。

 もちろん自身の愛猫や知り合いの猫など、名前が分かる子でしたらその名前で呼ぶことも多いでしょう。ですが、特定の子ではなく一般的な意味での猫、あるいは名前の分からない外猫さんなどを指す際、皆さんはどの言葉を選び、どのように使い分けていますか? 続きを読む


目指せ日本開催!猫たちによる夢の「ネコリンピック」

目指せ日本開催!猫たちによる夢の「ネコリンピック」 2020年の夏季オリンピック開催地がついに東京に決まりましたね。1964年以来56年ぶり2度目の、そして日本国内では1998年の長野冬季五輪以来、実に22年ぶりの開催となります。もちろん、実施に向けてはさまざまな懸念や課題も山積みとなりますが、7年後に向けて大きな盛り上がりや波及効果を期待したいところです。

 ところで、開催決定にあたり、ねこ経編集部がツイッターでこんな投稿をしたことから「ネコリンピック構想」が立ち上がりました。 続きを読む


雪に対する猫たちの反応は?

雪に対する猫たちの反応は? 冬と言えば雪。先週の月曜日(1月14日)は首都圏で初雪が観測され、大雪となって降り積もり移動や雪かきなどで大変だった方も多かったかと思います。

 ところで雪国ならともかく、普段は滅多に見ることのない景色に対する猫たちの反応はどうだったのでしょうか?ちょっと気になったので、先日ツイッターやfacebookページなどを通じて皆さんにお聞きしてみました。せっかくですので頂いた回答の中からユニークなものをいくつかご紹介します。(なお、回答は趣旨の変わらない程度にこちらで一部を省略・編集させて頂いたものもあります) 続きを読む


皆さんの家の猫はセミを捕まえてきますか?

皆さんの家の猫はセミを捕まえてきますか? 少し前にQ&A形式で皆さんに頂いた声をご紹介する「猫なんか呼んでもこない。」皆さんの家の猫はどうですか?という記事を掲載したのですが、今回は夏らしく記事タイトルのような質問をツイッターやfacebookページ、mixiページで投げかけてみました。夏といえばセミ。8月下旬の現在も地域によってはミンミンと元気に存在をアピールしていると思いますが、さて皆さんの反応はというと…。 続きを読む


「猫なんかよんでもこない。」皆さんの家の猫はどうですか?

「猫なんかよんでもこない。」皆さんの家の猫はどうですか? 今月5月17日に、「クロ號」などで知られる漫画家・杉作さんの新刊「猫なんかよんでもこない。」(実業之日本社)が発売となりました。この本は作者の経験実話に基づいたストーリーとなっていて、「クロ號」に登場する猫たちのモデルになった2匹の猫が登場します。 続きを読む