初の屋外展示!岩合光昭さんの写真展「ねこ科」が札幌市で開催中です


 所用で北海道へ出かける機会があったので、札幌芸術の森で開催されている岩合光昭さんの写真展「ねこ科」に足を運んできました。屋外展示で自然の中を気持ち良く歩きながら素敵な写真の数々を拝見することができ、とても良かったですよ。会場は写真撮影OKでしたので、展示の様子をご紹介したいと思います。

 会場は札幌芸術の森の敷地内にある屋外美術館エリアで、「ねこの橋」「ねこの丘」「ねこの森」「ねこの家」の4つのゾーンに分かれて大きな写真パネルが展示されています。

 これまで全国各地で開催されてきた岩合さんの猫の写真展ですが、実は屋外開催は今回が初めてなのだそう。青空の下、丘の上、森の中。そういった場所に展示されている生き生きとした猫たちの写真を見ると、まるで本当にその場所に彼らがいるような気がしてきます。訪れた日が平日だったこともあり、美術館や商業施設で開催される写真展とは違って人も少なく、ゆっくりと見て回ることができました。

 4つ目のゾーンの「ねこの家」のみ屋内展示で、こちらは同じく敷地内の佐藤忠良記念子どもアトリエが会場となっています。ここでは岩合さんによる「ネコライオン」の写真展や写真集を思わせるような、猫とライオンの佇まいを比較する形の展示も為されていました。

 また、敷地内の工芸館では岩合さんによる猫写真の各種グッズ販売も行われています。同展の会期は7月23日まで。入場料やアクセス等、詳細は下記リンク先よりご確認下さい。

【関連リンク】
岩合光昭写真展 THE CATS ねこ科 ねこは野生動物だ。(札幌芸術の森ホームページ)