展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました


展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 魅力的な猫の姿や、猫のいる風景を切り取った猫写真。今ではさまざまなインターネットサイトやブログページでも楽しむことができ、写真集もたくさん発売されています。ですが、写真展の会場に足を運んで大きなパネルで展示された素敵な猫写真を眺めて回るのは、やはり多くの猫好きな方にとって極上の時間と言えるのではないでしょうか。

 このたび神奈川県の横浜赤レンガ倉庫でこれまでにない大型規模の猫写真展が行われることになり、11月17日から展示がスタートしました。横浜はねこ経編集部の地元でもあり、以前からとても楽しみにしていたことは言うまでもありません。初日にさっそく足を運んで参りましたので、その様子を写真を中心にご紹介したいと思います。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 今回の「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~」は、東京湾岸に暮らす猫などをテーマに写真を撮影されているフォトグラファーの星野俊光さんによって企画されました。星野さんは「猫写真ブームと言われて久しい一方で、他ジャンルに比べて作品性の高い写真は少ない。動物写真に属するはずなのに、一般的にその扱いは『ドキュメンタリー』ではなく『娯楽作品』とされていることに危機感を感じた。実際には猫写真をドキュメンタリーとして撮影している人は多いのに、まだまだ少ない作品発表の場は少なく、そんな作品群を少しでも多くの方に見てもらえればと思い、今回の写真展を企画した」と説明されています。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 この写真展に関して、何と言っても驚くのはその規模の大きさ。企画者の星野さんを含め、出展者には有名な猫写真家の方が続々名前を連ねているほか、スペシャルゲストとしてプロフォトグラファーの方々も作品展示に参加。主催者や出展者の推薦作家、公募により参加する作家も合わせると、出展人数は44組71名、展示点数は1000点以上にものぼります。かつてこれほどまでに規模の大きい猫の写真展が開催されたことはあったでしょうか?

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 当編集部は初日である11月17日の午後に足を運びましたが、会場はさっそく訪れた多くの来場者で賑わいを見せていました。横浜赤レンガ倉庫1号館の2階全イベントスペースが展示会場となっており、写真点数の多さはもちろん、そのクオリティの高さも申し分なく、本当にバリエーションが豊富です。表情豊かな猫たちの生き生きとした姿が作家さんたちによって切り取られ、それぞれがさまざまなテーマで展示。撮影場所も日本各地、あるいは海外にまで及んでいます。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 割合としてはソトネコさんが中心のように感じられましたが、中には室内で撮影された温かく柔らかな雰囲気のイエネコさんの写真も。街や自然に溶け込む姿、あるいは人と一緒に写っている姿。どんな姿も絵になるのが猫たちのすごい所であり、その中でも特に魅力的な一瞬を見事に捉えるのが作家さんたちの写真の腕の見せ所でもあるのだと思います。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 時に癒され、時にクスっと笑わせてくれ、あるいはその生きざまに力強さを感じたり、人間社会における課題などいろいろなことを考えさせられたり。会場をゆっくりと回りながらお気に入りの一枚を探すのも、愛猫と似ている子を見つけて楽しむのも良いと思います。自分でも猫写真を撮られる方は、写真の構図や光源の位置と方向、あるいはアングル、ピント位置、シャッタースピードなども少し意識しながら見てみるのも勉強になるでしょう。出展者さんが在廊されている時には、せっかくなのでぜひいろいろとお話を伺ってみてはいかがでしょうか。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 個人的な感想になりますが、改めて感じたのは素晴らしい猫たちの魅力と、彼らへの感謝でしょうか。ただそこにいてくれる、生きていてくれることへの感謝。そして私たちに小さな、同時にとても大きな幸せを与えてくれることへの感謝。そんな猫たちが、どうか安心して幸せに暮らせる世の中であってほしいと思います。私たちが彼らのためにできることは何だろう?してあげなければならないことは何だろう?多くの方が少しずつでも考え、何か行動するきっかけになればいいですね。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 もちろん、素敵な写真を出展くださった作家さんや企画者、主催者等の皆様にも改めて感謝です。ありがとうございます。出展作家さんたちのご厚意もあり、会場内は一部を除いて基本的に写真撮影OKとなっておりますので(接写はNG)、残念ながら遠方で足を運ぶことができない方、どうしても都合がつかない方、あるいはこれから足を運ぼうと思っている方に、今回の記事で会場の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

展示数1000点以上!横浜赤レンガ倉庫で大規模な猫写真展が始まりました

 なお、会場入り口には写真集やグッズ等の物販ブースもあります。会期中の11月21日(土)と23日(月祝)には、一部の出展者さんによるギャラリートークも。入場料は500円で、小学生以下は無料。半券があれば当日に限り再入場も可能です。開催時間は10時~20時で、最終日の11月23日は18時まで、入場受付は終了時間の30分前まで。その気になればおそらく1日中でも楽しめてしまいますので、時間に余裕をもって来場し、お昼や休憩を挟んでゆっくりと見て回ることをおすすめします。出展者一覧など、詳しくは以下のリンクより写真展の案内サイトをご覧ください。

【関連リンク】
横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~