ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました!

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました カメラやレンズ、プリンタなどを手掛けるキヤノンが実施した「ブサかわ猫ちゃんグランプリbyスマフォトプリント!PIXUS」。家庭用のインクジェットプリンタ新モデル発売に合わせて、スマートフォンで撮影したブサイクでかわいい猫の写真募集を行い、テレビCMではモデル・女優の桐谷美玲さんが猫大好きなOLという設定で登場して話題になりましたね。

 そんな写真コンテストの受賞作品がこのほど発表になりましたが、さらに11月18日からは受賞作品ほかたくさんのブサかわ猫応募写真たちがあしらわれた「スマフォトレイン」が都内のJR山手線で運行されるということで、さっそく当編集部も乗りに行ってみました。

 ですが、さあ乗るぞと当日になったところで問題が。ご存じの通り山手線は都内中心部をぐるぐると回って走っているわけですが、その同時運行本数は外回り・内回り合わせて平日のラッシュ時で49本。お昼の時間帯でも30本が同時に走っているようです。その中で、お目当てのスマフォトレインはたったの1本。さて、何時にどの駅にいたら遭遇できるのでしょうか?

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 残念ながら調べても分からなかったので、こうなったら待ち伏せ大作戦を決行です。山手線は1周の所要時間が約1時間ですので、どんなに運が悪くても同じ駅で1時間待てば乗ることができる、と判断。外回りと内回りのどちらが来てもすぐ乗れるように、それぞれが真向かいのホームで発車する、いわゆる島式ホームの某駅で待ってみることにしました。スローガンは「来ないなら来るまで待とう猫列車」(笑)

 そして待つこと30分。外回りと内回り合わせて数分間隔で15本ほどの電車が通過し、本当に今日から運行しているのかだんだん不安になってきたその時です!ついに、内回り方向のホームに目的のスマフォトレインがやってきました。ああ、会いたかった。

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 列車の外側には、すぐにそれと分かるようなラッピングが。先頭車両の運転席前にも、ちゃんとコンテストのモチーフイラストが描かれています。外観の撮影もほどほどに、乗り遅れては切なすぎるので素早く乗車しました。

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 おお!さっそくあっちもこっちもブサかわ猫たちが。文字通り本当に列車をジャックしています。思わず車内をキョロキョロしてしまいました。ちょっと挙動不審です。

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 いろいろ見ていて気が付いたのが、展示方法が実にさまざまでユニークだということ。全11両の車両ごとに、それぞれきちんとテーマを決めて展示してあるのですね。たとえば「あちこち飾りたくなるで賞」「Tシャツにプリントしたくなるで賞」「手帳にはさんで自慢したくなるで賞」「カレンダーにしたくなるで賞」「バッグにして持ち歩きたくなるで賞」「年賀状にして贈りたくなるで賞」など、フォトコンテストの各賞に対応した展示になっているようです。そして、車内の中吊り広告部分を使って実際に作品がミニTシャツやバッグになっていたり、カレンダーや年賀状のようなデザインで飾られていたり。これは猫好きなら間違いなく全車両をくまなく回ってみたくなるでしょうね。

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 ほかにも「総集編」と題された車両や、各受賞作品を特にピックアップした「グランプリ車両」などがあり、グランプリ車両には桐谷美玲さん特別賞や審査員長猫のレオンくん特別賞といった写真も展示。さらに、ドア上のトレインビジョンには桐谷さんが登場するテレビCMやおすすめの猫写真スポットを紹介する映像が流れるという徹底ぶりです。

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 そんなわけで、電車に揺られながらゆっくりと鑑賞を楽しませてもらいました。この特別列車の運行は期間限定で、12月2日(火)まで。どの駅からどのタイミングで乗ることが出来るかは完全に運任せになりますので、どうしても乗りたい場合は時間のある時や電車の混まない時間帯で当編集部のように待ち伏せしてみることをおすすめします。ただ、日によっては朝のみの運行で日中の時間帯は走っていなかったりもするようなので、待てば100%遭遇できるというわけでもないみたいです。

ブサかわ猫たちがジャックした山手線「スマフォトレイン」に乗ってみました

 最後に注意事項を。言うまでもなく駅や電車内は公共空間であり、乗客全員がスマフォトレインを目当てに乗っているというわけではありません。当編集部も乗客の少ない時間帯および区間で写真撮影を行いましたが、乗車時は鑑賞や写真撮影に夢中になりすぎず、周りへの配慮を忘れずに。「猫好きはマナーが悪い」なんて思われたら悲しいですから、くれぐれも列車の運行に支障をきたしたり、他の乗客に迷惑をかけたりしないよう気をつけましょうね。

【関連リンク】
ブサかわ猫ちゃんグランプリ by スマフォトプリント!(キヤノン)