皆さんはどんな「ねこ夢」を見ますか?


皆さんはどんな「ねこ夢」を見ますか? 今年もゴールデンウィークの時期がやってきました。最も長い方は11連休くらいでしょうか?さらに猫たちにとっては1年中ゴールデンウィークみたいなもの?全くうらやましい限りです。連休中どこかに出かける予定のある方もいれば、家で猫たちと一緒にゆっくりする方もいることでしょう。春のポカポカ陽気は外出もお昼寝にももってこいですね。

 ところでお昼寝に限ったことではありませんが、猫好きの皆さんなら眠っている間に猫に関する夢を見る方も多いのではないかと思います。かくいう当編集部の人間もつい先日、気が付けばなぜか足の踏み場もないほど猫がたくさんいる空間に自分が立っていて嬉しいやら困ったやら、というねこ夢を見ました。日々猫情報を集めて発信しているという立場上もあるのかもしれませんが、夢の中における彼らの登場頻度は非常に高いのです。

 そこで皆さんにちょっと聞いてみたくなったのが、猫に関する夢のエピソード。面白くてユニークな夢、ちょっぴり切なかったり懐かしかったりする夢。いろいろあるのではないかと思い、久々にツイッターやfacebookを使って募集をしてみました。集まった声の中から、いくつかをご紹介したいと思います。(趣旨の変わらない程度で一部編集・省略させて頂いたものもありますのでご了承ください)

+++

・ほとんど覚えて無いんだけど、猫が胸に乗ってて重いよーって。それが凄くリアルで目が覚めたら、猫のお尻が目の前にあったという夢かな。

・夜中に起こされて、猫と一緒に散歩に出かけた。途中彼女はいっぱい喋る。お天気や風のこと、花のこと、近所で見かけた新入り猫のこと、この前の猫集会のこと・・・小一時間近所を歩いて家に戻る。ああ疲れたと言っているうちにウトウト。次に気がつくと、彼女は僕の枕半分とって、頬っぺたくっ付けて寝てました。

 起きたら現実にも至近距離に猫がいた、というパターン。むしろそのせいで夢にまで登場したのかもしれません。

・子供の頃、道を覆い尽くすほどの猫の大群に追いかけられて、先頭の猫に噛まれたところで目が覚めたことがあります。かなり怖かったのを覚えていますが、今同じように追いかけられる夢を見たら、喜んで待ち構えるような気がします(笑)

・子供の頃のことですが、鋭い歯を剥いて鬼のような形相で追いかけられる夢を見たことがあります。でも、今は大好きです!

・うちの猫を呼んだはずが、似た柄で微妙に違う猫がわんさか集まってきて、一匹一匹首根っこ捕まえては柄をチェックしてうちの猫かどうか選別する夢。選別してもまた混ざるのでエンドレスでした(笑)

・うちの2猫は真っ黒でよく見ないと見分けがつかないんですが、猫がどこに行ったか探していたら、次々にいろんな黒ニャンが出てきて…「あ、違う、また違う~(;´д`)」と、焦っている夢をよく見ます(笑)

・子猫や成猫がたくさんいて選び放題だ!とウハウハ状態で幸せな夢でした٩(ˊᗜˋ*)

 「追いかけられた」「たくさん出てきた」系の夢もなかなか多いみたいです。怖かったり嬉しかったり困ったりと、場合によって夢を見た方の受け取り方はさまざまですね。

・私は一緒に暮らしている猫の夢をよく見ますが、たいていは日常的な夢です。ただ、その猫が人間の小さな男の子に姿を変えられるようになった夢を一度だけ見たことがあります。子供のいない私にとって、自分の子供のようなものだと感じているからかもしれません。

・愛猫♂(長毛系と雑種のハーフ?10歳)と空を飛んだり、気球に乗って旅してる夢を2度みました♪(≧▽≦)/いずれも2本脚で立ち、人間の言葉を話し☆素敵なナイトぶりを発揮してました(´,,^ω^,,`)♡願望?笑

 現実ではありえないようなことも、何故かすんなり受け入れてしまうのが夢の不思議なところ。猫と話ができたり、擬人化したりというようなことは、誰もが一度は考えたり憧れたりしますよね。

・16年いた先代ネコが脱走の常習犯で、外に出ないようにめっちゃ気を使ってたので、いまだに猫が逃げて焦る夢をみます…。ちなみに、今いる二匹の猫は戸口を開けても出ようとしないので一安心です。

・家の猫が体重増えず、避妊手術ができるかどうかって時の夢。大きい野良猫が、家の猫に近づいてきて、必死に追い払う夢。妊娠したら困ると思って必死だった(>_<)室内飼いなのにね(笑)

 愛猫に関する心配事が、夢の内容にまで影響してしまうことも。起きたところで「夢でよかった」と安心してしまうことでしょう。

・兄妹猫が天寿をまっとうし、猫ロスで沈んでた頃に見た夢。取っ組み合う二匹の子猫に毛布をかぶせて仲裁、めくると…四匹に増えてるー! というファンタジーな夢でした。その翌日、縁あって二匹の姉妹猫の里親に! 正夢ならあと二匹くる?!

・去年、黒猫の男の子がうちにいる夢を見て、かわいかったな~!と思っていたら、先日縁あって子猫二匹の里親になり、その一匹が黒猫で、今、現実に家に居ます。

 いわゆる予知夢系のねこ夢ですね。運命の出会いは夢から始まるのかも?

・いままで飼ってきた猫がみんな出てくる夢をみたので、お迎えにこられたのか?!と飛び起きましたwww

・中学生の頃、愛猫が死んだ数日後に、その猫のお骨が保管してあるキャビネットからその子がこちらに飛び降りてくる夢を見ました。そのシーンしか覚えていないのですが、会いにきてくれたみたいで嬉しかったです(^ ^)

・楽しいのじゃなくてごめんなさい。10代の頃いた猫が死んで数週間後に見た忘れられない夢です。そのコがフラリと帰ってきて夕陽でオレンジ色になった部屋でしばらく抱っこしました。しばらくすると「もう時間だから行かなきゃ」と窓から出て行きました…。

 残念ながら亡くなってしまった愛猫が夢の中に出てくるというパターン。最後の挨拶に、または久しぶりに顔を見せに来てくれたのかもしれません。ちょっと切なく、ホロリとしてしまいますね。

・迷子の仔猫を保護して1~2ヶ月経ったころだったでしょうか。生まれて初めてのねことの暮らしに戸惑いを感じ、責任の重さに押し潰されそうだった時、その半年前に亡くなった大好きな祖母が夢に出てきました。「ばあちゃん、この子を迎えることにしたよ、フウちゃんていうの」と私が仔猫を紹介すると、祖母は笑顔で「あら~、かわいい子やないの」と言ってくれました。祖母のその一言で私の不安は一気に軽くなり、改めてねこの命を預かる覚悟のようなものができました。目覚めた後も、祖母に認められたようなその嬉しさは消えず、7年経った今でもハッキリあの時の気持ちが蘇ります。自分以外の生き物の世話をするのが初めてで、オロオロするばかりの情けない孫を励ましにきてくれたんだなーと思います。

 心の温まる素敵なエピソード。おばあさまには感謝ですね。

・何かを盗んだ泥棒が逃げて行くのだけど、キジトラの尻尾が短い猫に乗ってバイクのように逃げて行った。私は咄嗟にナンバーを覚えて警察に教えてあげていた。キジトラの尻尾が短い猫にはナンバーがついていた。

・猫を産んでしまった夢を見たことありますw

・18センチほどまだ目も空かない仔猫と仔犬を頭を互い違いにして箱詰めする工場でバイトする夢。チーフの胸にはコウノトリ工場のロゴがあった。

 最後はユニーク系で思わず笑ってしまうようなねこ夢。一体どうしてこんな夢を見てしまったんだろう?と思うことでしょうが、これも猫を愛するがゆえのことと自信を持って受け入れていきましょう(笑)

+++

 さまざまなねこ夢、いかがでしたか?思った通り、皆さん印象的な猫の夢をいろいろ見られているのですね。夢の内容ってすぐに忘れてしまうことも多いのですが、不思議なことや予想できないこともたくさん起こる身近なエンターテインメントと言えるのかもしれません。気持ちよさそうにお昼寝している猫たちも、もしかしたら頻繁に飼い主さんの夢、人間になる夢なんかを見ている可能性も。

 今回も皆さんからはさまざまなお声を頂き、当編集部としても大変楽しませて頂きました。ご協力頂いた皆様には改めてお礼申し上げます、ありがとうございました。ねこ経済新聞では、主に【ツイッター】や【facebook】を活用して、ときどき突発的にこういったご意見やアイデア募集を行い、記事に反映させて頂くという試みを行っています。もし目にすることがあり、気が向きましたらご協力頂ければ幸いです。過去のアンケート系の記事一覧は【こちら】からどうぞ。

 それでは皆さんも有意義なゴールデンウィークを、そして夢の中まで素敵な猫ライフをお過ごしください。