横浜・山手のギャラリーで今年も「猫・ねこ写真展」が始まりました


横浜・山手のギャラリーで今年も「猫・ねこ写真展」が始まりました 横浜の港の見える丘公園からも近い画廊「Art Gallery 山手」。こちらでは、ここ数年この時期になると恒例の「猫・ねこ写真展」が行われています。今年で5回目となるこちらのイベントが今回も1月31日からスタートし、当編集部もさっそく足を運んできました。

 同写真展は複数の出展者による猫たちの写真が会場内にたっぷりと展示されているのが特徴で、会期も前半のPART1とPART2に分かれています。その間で出展作品の入れ替えが行われるので、猫好きならば少なくとも2度は足を運んでみたくなりますね。

 今回作品を出展されているのは、2月9日までのPART1が恩田賢司さん、勝見里奈さん、小滝卓央さん、三谷育生さん、島村恵美さん、新谷祐樹さん、田口明郎さん、染谷育子さん、矢部一樹さんら9名。2月14日から23日までのPART2は阪口智聡さん、大塚義孝さん、荒木絢子さん、漆山俊樹さん、星野俊光さん、斉藤達也さん、大森裕さん、先崎多栄子さんら8名です(いずれも順不同)。

 ご自身の愛猫を撮ってらっしゃる方もいれば、国内外の街猫の姿をとらえている方もいて、それぞれの視点やテーマもさまざま。いろいろ見比べたり、お気に入りの1枚を探してみたりと、会場は小さめながらも猫好きならゆっくりと楽しめると思います。また、一部の猫写真やポストカード、グッズの販売なども行われています。

 会場のArt Gallery 山手は、みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩約3分、あるいはJR京浜東北・根岸線の石川町駅から徒歩15分ほど。近くには港の見える丘公園のほかに元町のショッピング街や中華街、少し足を伸ばせば山下公園などもありますので、散策を楽しんでみるのもよいのでは。運が良ければ街で猫たちに出会うこともあるかもしれません。

 期間中の展示時間は11時~18時(PART1・2とも各最終日は17時まで)。ギャラリーは入場無料です。詳細の場所など、詳しくはギャラリーのホームページをご覧になってみてください。

【関連リンク】
Art Gallery 山手