11/16猫写真ワークショップ開催レポート

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 前回8月に開催した「猫写真ワークショップ」がおかげさまで大変好評を頂きまして、先日11月16日に第2回を開催。今回も東京都内・浅草の「猫カフェ きゃらふ」さんを会場に、実際の撮影もまじえつつ、フォトグラファーさんから素敵な猫写真を撮るコツを教えて頂きました。当日の様子を写真たっぷりでご紹介します。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 前回に引き続き講師を務めてくださったのは、写真・カメラ情報サイト「studio9」を運営されている中原一雄さん。サイトでカメラに関するトピックやさまざまなシーンにおける素敵な写真の撮り方などを解説しているほか、東京や京都、北海道、横浜など街中での写真ワークショップも開催されているフォトグラファーさんです。今回もおかげさまで満員御礼のお申し込みを頂き、18名の参加者が集まっての開催となりました。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 きゃらふさんは「猫とすごせる隠れ家カフェ」がコンセプトのお店で、9匹の個性ある猫スタッフたちがお客様を迎えてくれます。例によってお店を貸し切りにしてもらい、他のお客様の目を気にすることなく3時間たっぷりとレクチャーや猫撮影を楽しむことができました。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 まずは中原さんが、カメラの構え方やおすすめのセッティングなど、撮影における基本を分かりやすく説明します。しっかり構えることでブレが減り、綺麗な写真も増えますし撮影も上手に見えますね。また、カメラを横だけでなく縦で構えて撮ってみることも重要。構図の幅が広がりますし、場面に合った撮り方をチョイスする力も身につきます。

 セッティングでは、撮影モード(プログラム、シャッタースピード優先、しぼり優先など)、ISO感度、ホワイトバランスなど、少し専門的な用語が並びます。今回のワークショップは初心者の方もOKという募集でしたので、ひとつひとつ説明してどんな場面ではどんな設定が良いのかを解説。特にきゃらふさんは店内が少し暗めという特徴がありますので、それに合わせて例えばマイナス補正でシャッタースピードを稼ぐなどのコツが必要となります。

 さらに、猫撮影ならではのポイントや注意点も忘れてはいけません。同じ目線の高さで撮る、ピントは瞳に合わせてあげるという基本や、撮影時あるいはカメラの置き方で気をつけることなども。会場にはたくさんの猫がいますから、撮影に夢中になって別の猫を踏んでしまったり、テーブルから垂れているカメラのストラップを猫が引っ張って高価なカメラが落下したりというようなことも考えられます。それとフラッシュ撮影は猫たちの目によくありませんので、忘れずに設定をオフにしましょう。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 参加者の方々は中原さんの言葉に耳を傾けつつ、自身のカメラの設定を見直したり、時にはメモをとったりと真剣な様子。一方猫たちは「これから一体ニャニが始まるの?」「さあねー」とマイペースです。そんな猫たちがやっぱり気になって、内心うずうずしている参加者さんの気持ちもしっかり伝わってきましたよ。せっかく猫カフェでの写真ワークショップに来たからには、たくさん猫たちを撮りたいですものね。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 そんなわけで、ひと通りレクチャーが終わったあとはさっそく各自自由の撮影タイムに突入。あちらこちらで皆さんが猫たちに一斉にカメラを向け、まるで記者会見の会場のようです(笑)

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 とはいえ、猫たちも気まぐれですので、なかなか思うような写真が撮れるわけでもありません。ブレや写真の暗さはもちろん、カメラの方を向いてくれなかったり、すぐに離れていってしまったり。先ほど教わったポイントを実践しつつ、失敗を恐れずにたくさん撮ることや、シャッターチャンスを粘り強く待つことも大切です。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 カフェスタッフの方に協力頂き、おもちゃを使って猫の気をひいてみたり、ジャンプする瞬間をねらってみたり。自宅や外ではなかなか難しい撮影方法が試せるのも、このワークショップならではのメリットですね。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 2匹のじゃれ合い。キャットタワーやキャットウォークで佇む姿。猫はどんなシーンでも絵になります。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 休憩がてら、中原さんからのさらなるアドバイスを挟んで、今度は猫たちのご飯タイムに。これもまた絶好の撮影チャンス。カメラを低い位置に構えて、生き生きとした表情をとらえてみましょう。

 お腹がいっぱいになると猫たちはお昼寝タイムに入るため、動きが少なくなります。そこで問われるのは撮影の工夫やアイデア、そしてちょっとした目の付け所かもしれませんね。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 ある程度撮影時間を取ったあとには、参加者を2つのグループに分けての写真の見せ合いっこタイムも。それぞれがお気に入りの1~2枚を選んでコメントとともに披露します。

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 これもワークショップの醍醐味で、同じ場所や時間、被写体で撮影したにも関わらず、いろいろな切り取り方があることを学ぶとてもよい機会に。個性も出ますし、他の方と仲良くなるきっかけにもなりますよね。見せ合いきれなかった分は、後日オンラインアルバムを共有することで、それぞれの写真を閲覧・コメントできたりするような仕組みになっています。

 その後もまだ少し時間があり、さらに撮影にのぞむ方もいれば、カメラ談義や猫談義に花を咲かせる参加者たちも。撮影して気になったことがあればすぐ講師に聞くことができるのも、少人数制のワークショップのよいところですね。お店を貸し切りにして頂けたおかげで、今回も皆さん猫撮影をとっても満喫されていた様子でした。

+++

 ご参加頂いた皆様、再び会場を提供してくださったきゃらふさん、そして撮影に協力してもらった猫たちには改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。いずれまた第3回も企画したいですし、別のエリア・会場でも実施できればと思っています。「猫写真ワークショップ、うちでも開催してみたい!」という猫カフェスタッフの方などがいらっしゃいましたら、まずは気軽にご相談ください。(問い合わせフォームはこちら

11/16猫写真ワークショップ開催レポート

 たくさん写真を撮ってもらい、ドヤ顔の猫さんたちなのでした。

【関連リンク】
studio9
猫カフェ きゃらふ
8/31猫写真ワークショップ開催レポート(ねこ経過去記事)