仙台で「猫の写真展」愛猫の一周忌を機に企画


仙台で「猫の写真展」愛猫の一周忌を機に企画 8月に入り、暑い日が続いています。皆さんも愛猫たちもぐったりでしょうか?健康管理にはしっかり気をつかってあげてくださいね。

 さて、今回の記事では宮城・仙台市で8月17日から25日まで行われる写真展をご紹介したいと思います。その名も「猫の写真展」とシンプルなタイトルがつけられているこちらのイベントですが、どのような企画なのでしょうか。

 主催者である同市在住の菊地正宏さんによると、きっかけは2012年8月17日に愛猫の「ネネ」が病気でなくなったこと。後から振り返った際に、思ったよりも残された写真が少なく、もっとたくさん撮っておけばよかった、と改めて感じたのだそうです。

 そこで一周忌を迎えるにあたり、多くの仲間に囲まれればネネもさびしくないだろう、それにこの写真展が誰かにとって、大切な家族の写真を1枚でも多く撮るきっかけになってくれれば、との思いも込めて開催を決めたと言います。

 同展では、菊地さんやネネの知り合い・友人をはじめ、趣旨に賛同した方々20人以上による、100枚を超える猫の写真を展示予定。また、イベントに先駆けてオープンしたウェブサイトでは、出展者による猫写真(写真展に展示されるものとはまた別の写真だそうです)が、猫の名前やコメント付きで既に多く掲載されています。

 今はデジタルカメラやカメラ付き携帯電話の普及で、気軽にたくさんの写真が撮れる時代になりました。人間よりもさらに成長が早く、寿命はそこまで長くない猫たち。悲しいですが、いつか必ずや別れの時はやってきます。だからこそ、やはりたくさんの思い出を残しておきたいですね。

 写真展の会場は仙台市のサロンスペース「ゼロベース」。入場無料で開催時間は14時~20時の予定となっています。詳しくは以下のリンクもご覧になってみてください。

【関連リンク】
猫の写真展
ゼロベース