猫本専門のネット書店「書肆 吾輩堂」がオープン!

猫本専門のネット書店「書肆 吾輩堂」がオープン! 猫の本を専門に取り扱う書店。猫好きにとっては夢のような、でも今までありそうでなかった、そんなお店がこのほどオープンしました。現在は古書を中心に取り扱い、猫本の買い取りも受け付けているというこちらのお店について、さっそく詳細をご紹介したいと思います。          

 福岡市にオフィスを構えているという「書肆 吾輩堂」(しょし・わがはいどう)さん。同店の店主さんももちろん猫好きで猫本を集めていたものの、猫の本は世に溢れ返っているにも関わらず専門書店がないことを10年ほど前から不満に思っていたそう。その後「それならば自分でやってみよう」と決意され、このたびめでたく開業となりました。

 実際に猫も飼われていて、シマ猫のゴンチャロフ(オス・17歳)、シマ+白足袋のもじゃ(オス・10歳)、黒猫のちーちー(オス・2歳)の3匹が看板猫となっています。いずれも生後1カ月にならないうちから育ててきた拾い猫だそうで、お店のホームページやfacebookページにおいて、その姿を目にすることができます。

 気になる取り扱いジャンルはというと、小説やエッセイ、写真集はもちろん、ノンフィクションや雑誌、絵本など多岐に渡ります。「店主お勧めの厳選書籍」「店主悶絶の品」などの紹介もあり、とても気になりますね。それぞれ簡単な書籍紹介や著者・発行年度・サイズ・ページ数などが丁寧に明記されていて、古書のため状態についてのメモも添えられています。サイトのデザインもオシャレで、まるで本棚に並んだ猫本たちを眺めているかのように目移りしてしまいそう。その他、猫雑貨や文具類も一部販売されているようです。

 店主さんは「ひとまず古書の取り扱いからスタートしましたが、ゆくゆくは新刊書や厳選した猫雑貨を揃え、ますます猫全開の書店にしていきたいと思います。また、今はネット書店という形ですが、お客さんとネコミュニケーションをとれるよう、いずれは実店舗を持つことができれば」と今後の構想を語ってくださいました。

 お店について、詳しくは以下のリンクをチェックしてみてください。

【情報源】
書肆 吾輩堂