facebook発の猫キャラ「おんせんにゃんこ」箱根でグッズも販売

facebook発の猫キャラ「おんせんにゃんこ」箱根でグッズも販売 地域の盛り上げに猫が活躍している昨今、全国各地で猫がモチーフのキャラクターも数多く誕生しています。今回の記事では、そんな中でもここ数年で広まったSNSのfacebookから人気が出て商品化したという神奈川・小田原生まれの「おんせんにゃんこ」をご紹介。名前の通りほっこりとした見た目のようですが、一体どんなキャラクターなのでしょうか?

 この「おんせんにゃんこ」は神奈川県小田原市でデザインオフィス・エムの代表を務めている又野進一さんによって生み出されました。1年ほど前からfacebook上でさまざまなシチュエーションの画像を毎日のようにUPしているうちに人気が広まり、グッズを制作してネット上で販売することに。

 さらにはfacebook上のつながりから縁があり、箱根登山鉄道の箱根湯本駅近くで饅頭や土産物などを販売している「菊川商店」においてグッズ販売も始まったそうです。

 イラストは温泉らしく湯船に浸かっているものや浴衣姿でくつろいでいるもの、美味しそうにビールを飲んでいるもの、卓球をしているものなどさまざま。梅雨に雨中で傘をさしたり、夏は七夕飾りと一緒に、秋はマツタケを味わったりと季節感があるのも特徴ですね。facebookをのぞいてみるとざっと数百枚は画像がUPされています。

 細かいプロフィールも設定されていて、生まれは神奈川県小田原市。温泉が好きであちこちの温泉を渡り歩いて旅行雑誌にコラムを書いて暮らしており、手ぬぐいや風呂用の手桶、猫用シャンプーや猫用ボディソープなどを日頃から常備。温泉地の野良猫たちから旅館情報を入手したりもしているのだとか。

 なお、グッズはミニフィギュアやキーホルダー型のストラップ、フェイスタオルがラインアップされていて、数百円から千円程度で販売されています。ネット上や菊川商店での販売のほか、来月5月18日(土)・19日(日)に東京ビッグサイトで行われるイベント「デザインフェスタ」でも出展を予定されているそう。

 生みの親である又野進一さんは「全国の温泉場・温泉旅館を盛り上げるために活用していきたいと思っています。ゆくゆくは海外でのデビューも目指しています」とコメントしてくださいました。

 詳細は以下のリンクから。日本の誇る温泉文化の良さを伝え広める猫キャラクター「おんせんにゃんこ」今後の活躍にも期待したいですね。

【情報源】
おんせんにゃんこ