横浜・山手のギャラリーで恒例の「猫・ねこ写真展」がスタート!


横浜・山手のギャラリーで恒例の「猫・ねこ写真展」がスタート! 今年もいよいよ2月がやってきました。2月22日、「にゃんにゃんにゃん」の我らが猫の日を控え、相変わらず各地でさまざまなイベントが予定されていますね。ねこ経編集部がある神奈川県横浜市でも、Art Gallery 山手で恒例の写真展イベント「猫・ねこ写真展」が始まりましたので、簡単にご紹介したいと思います。         

 同写真展は今年で4回目の開催。複数の写真家さんによる猫たちの写真が会場内にたっぷりと展示されています。会期は2期間に分かれており、PART1の2月2日(土)~11日(月)とPART2の2月16日(土)~25日(月)の間で展示作家さんが入れ替わるので、2回とも見に行きたくなってしまうのが特徴です(笑)

 今回は、PART1が勝見里奈さん、川上麻衣子さん、小滝卓央さん、三谷育生さん、しぐさん、田口明郎さん、染谷育子さん、星野俊光さん、新谷祐樹さんら9名による展示。PART2は島村恵美さん、漆山俊樹さん、大塚義孝さん、笹原文子さん、大森裕さん、恩田賢司さん、先崎多栄子さん、斉藤達也さん、阪口智聡さんら、こちらも9名による展示となります。

 会場のArt Gallery 山手は横浜の中華街や元町、港の見える丘公園などから徒歩で足を運べる場所にあるので、散策がてら見に行ってみるのもおすすめですよ。余談となりますが、ちょうど前回のニュース記事で紹介した本「ルドルフとスノーホワイト」の物語後半も横浜の港エリアが舞台となっていましたので、足を伸ばしてその雰囲気を感じに山下公園などを訪れるのも良いですね。

 期間中の展示時間は11時~18時(PART1・2とも各最終日は17時まで)。入場無料で、アクセスはみなとみらい線・元町中華街駅、またはJR根岸線・石川町駅が最寄りとなります。詳しくは以下よりギャラリーのホームページでご確認ください。

【情報源】
Art Gallery 山手