雪に対する猫たちの反応は?

雪に対する猫たちの反応は? 冬と言えば雪。先週の月曜日(1月14日)は首都圏で初雪が観測され、大雪となって降り積もり移動や雪かきなどで大変だった方も多かったかと思います。

 ところで雪国ならともかく、普段は滅多に見ることのない景色に対する猫たちの反応はどうだったのでしょうか?ちょっと気になったので、先日ツイッターやfacebookページなどを通じて皆さんにお聞きしてみました。せっかくですので頂いた回答の中からユニークなものをいくつかご紹介します。(なお、回答は趣旨の変わらない程度にこちらで一部を省略・編集させて頂いたものもあります)

【興味津々派】
・テンション若干高め。いつもは昼寝してる時間も寝ずにずーっと外の雪をながめてました。
・普段はお昼寝をしているんですが、雪が降っている間は、ずーっと猫タワーから外を見てます。なので、夜になると寝不足なのか?フラフラした足取りです(笑)あとは、屋根から落雪の音に右へ左へ確認して走り回り、気が済むと私に自宅警備の報告をしにきます。
・ボクは興味津々でお外を見て、窓に当たる雪にじゃれてましたにゃ~
・うちの猫は毎年毎年新鮮に驚いて私を呼び、見ろと強く勧めます。すごいねー、と驚いてあげると「なっ?」とドヤ顔するんですが、君が降らせた訳じゃないから(笑)
・大雪当日、1匹はリビングの掃き出し窓から雪見を楽しんでおりましたが、もう1匹は寝室の布団に潜り込んだまま出てきませんでした。2日目、晴れてある程度溶けたら2匹ともベランダにでて、残りの雪の感触を結構長々と楽しんでいました(いいのか?)
・札幌も今回はかなりのドカ雪で、窓が日に日に埋もれていく様子を毎朝チェック(完全室内飼いなので窓から)。丸い目をさらに丸くし、興奮してドタバタ走り回る。舞い踊る雪を目で追いながら、2ニャンが並んで頭を動かす様子は本当にかわいくて笑えます。
・あまり雪の降らない地域なので、降ってきたりすると(主ににんげんが)面白がって一緒に外に出てみて、なんだかいつもと違う景色と雰囲気に、おねこさまは不思議そうな顔をして(いるようににんげんには見えて)いました。でも、ちっこい雪だるまを作ってみたら、なんじゃこりゃ。という感じでふむふむと匂いをかいでいたように思います。

【あまり反応を示さない派】
・基本的に家の中にいて、寝ていました。夜、パトロールに出かけましたが、すぐ戻ってきました。雪原を走り回る子もいますが、昨日は人間も家にこもっていたので…。
・うちはニャンコ3頭飼ってますけど完全室内飼育なので、特に変化無しでした。たぶん雪が降っていることすら知らなかったと思います(笑)カーテンを開けてなかったからかもしれないですが、屋根から落ちる雪の音には、その都度3頭ともビクッビクッと条件反射のように反応していたのは笑えましたが。
・雪の多い地域ですが、最初の数年は降ってくる雪にじゃれついたり積もった雪に恐る恐る足を踏み入れたりしていましたが、今はすっかり慣れて冷たいなぁくらいにしか思ってないようです。

 予想通り反応は猫それぞれで面白いですね。きっと性格や慣れなどもあることでしょう。回答にご協力頂いた皆さんには改めてお礼申し上げます、ありがとうございました。この記事を読んで「うちはこうだったよ!」という面白いエピソードがある方は、ぜひ編集部に教えてくださいね。

 そしてどうやら今週もまた首都圏で雪が降りそうな予報もあるようです。外出などされる際などには十分に気をつけつつ、猫たちにも教えてあげてそのアクションに注目してみてください。