岡山で9月30日まで「猫のダヤン」池田あきこさんの原画展


岡山で9月30日まで「猫のダヤン」池田あきこさんの原画展 岡山県新見市の新見美術館で今月8月3日から、猫のキャラクター「ダヤン」で知られる池田あきこさんの原画展「ダヤンのアベコベアの月」が開かれています。

 絵本作家の池田さんは、1987年から架空の国「わちふぃーるど」と猫のダヤンの物語を描きはじめ、以来絵本や小説、画集などを含めさまざまな作品を生み出してきました。独特の世界観と魅力的なキャラクターたち、そして柔らかな色彩とタッチで描かれたイラストは世代を超えて愛されており、関連グッズも多く登場していますね。

 今回の原画展では、2010年に刊行された12年ぶりの絵本画集「ダヤンのアベコベアの月」のパステル原画をはじめ、「ダヤンのおいしいゆめ」「ダヤンと恐竜のたまご」などの挿絵やイラストなど100点以上の原画が展示されているそうです。

 また、8月25日(土)と26日(日)には、池田あきこさんのサイン会も。当日会場のミュージアムショプでグッズを購入の方、先着100人に整理券を配布するとのこと。26日は15分程度のギャラリートークも予定されています。

 展示は9月30日(日)まで。月曜休館(ただし8月13日と9月17日は開館)。入館料は一般600円、中高生300円、小学生200円(市内小中学生は無料)。美術館のアクセスは、JR新見駅から徒歩10分程度です。

 催しの詳細は、以下より美術館のホームページなどをご覧になってみてください。

【情報源】
新見美術館
WachiField-わちふぃーるどオフィシャル・ウェブサイト-