猫好き必見の映画「レンタネコ」がまもなく公開スタート!


猫好き必見の映画「レンタネコ」がまもなく公開スタート! 今週末の5月12日(土)より、映画「レンタネコ」が全国で公開されますね。既に猫好きの読者さんは注目されているであろうこちらの作品ですが、改めてどんな映画かを紹介しておきたいと思います。

 「レンタネコ」は、映画「かもめ食堂」「めがね」などを手掛けた荻上直子監督による最新作。今年2月に行われた第62回ベルリン国際映画祭パノラマ部門にも出品されました。脚本は荻上監督自らが担当し、市川実日子さんや草村礼子さん、光石研さん、山田真歩さんらが出演しています。

 「寂しい人にネコ、貸します」そんな風変わりな仕事を営むサヨコ(市川)。孤独に暮らしている老婦人や単身赴任のサラリーマン、独身OLなどが興味を示しますが、レンタルには猫を貸すにふさわしい条件を満たしているかの審査が必要で…。かわいい猫たちによって癒される人々、そしてサヨコと人々の温かい交流が描かれている、という触れ込みです。

 実際の撮影現場には、なんと17匹もの猫が。荻上監督自身も猫を飼っているそうで、「猫に強要はさせず、自由にしてもらいながら撮影を進めたい」というコンセプトで撮られていったそう。そんなエピソードを聞いただけでも、スクリーン上で完成作品を見られることがますます楽しみになってしまいますね。

 上映は全国60カ所以上で予定されており、公開記念のパネル展に加えてさまざまなタイアップ商品やコラボ企画が行われている地域もあるようです。詳しくは以下より映画「レンタネコ」のオフィシャルサイトをご覧になってみてください。

【情報源】
レンタネコ