新年あけましておめでとうございます


新年のご挨拶2016

 既に年明けから7日が経ち、サイトでは遅めの挨拶で恐縮ですが、改めまして本年もねこ経済新聞をどうぞよろしくお願い致します。

 当編集部にやってきてから初めての年越しとなった白猫姉妹のアグリモニー編集長。年が変わる瞬間は2人ともぐっすり熟睡しておりましたので、目を覚ましてから部下のヒトスタッフより新年のご挨拶を申し上げ、あくびという大変ありがたいご返答を頂戴しました(笑)

 冒頭の写真はツイッターfacebookページでもアップしたのですが、事前に用意したのではなく実際に元旦に撮影したものです。ちょうど都合良く姉妹で編集長室に収まり、同時にカメラに目線をくれたという、なかなか奇跡的な1枚となりました。

新年のご挨拶2016

 お正月ですから両編集長には業務をお休みして頂き、お留守番をお願いしてヒトスタッフが単独で初詣へ(いつもの取材もお留守番してもらっていますが)。やはり猫にまつわるスポットがよいかと思いましたので、招き猫や縁結びで有名な東京浅草の今戸神社へ足を運び、ねこ経済新聞のますますの発展や両編集長の健康長寿、そして世の中のより多くの猫たちが幸せに生きられるよう祈願してまいりました。

新年のご挨拶2016

新年のご挨拶2016

 今戸神社の紹介記事はいぬねこマガジンのサイトで連載中のねこ経出張版で書きましたので、詳しくはそちらをご覧になってみてくださいね。

 編集部へ帰社後、両編集長に今年の抱負を聞いてみましたが「そんなことよりもごはんにして!」という催促で聞く耳を持たず。お腹を満たした後はしばし毛繕いに勤しみ、それぞれ丸くなってお休みになられてしまいました。今年もマイペースでいきますよ、という意思の表れだったのかもしれません。

 そんなわけで、彼女たちを見習って今年もマイペースで情報発信を行いつつ、少しずつ新たな取り組みも展開していければと思います。よろしければお付き合いくださいませ。

新年のご挨拶2016

 編集部に届いた年賀状をチェックするモニー編集長。こちらは宛名にちゃんと「編集長 アグリ様」「編集長 モニー様」と書いてありました。ありがとうございました。